分譲住宅は経済的に購入できるメリットがありますが、住宅は長く住むものですから経済性だけで購入するのではなく基本性能の高さで選ぶことが大切です。基本性能には耐震性や耐火性、耐久性はもちろんですが断熱性能も大切な基本性能と言えます。耐震性能は在来工法では限界もありますが、高すぎる耐震性は経済性を悪化させますので適度な性能が重要になってきます。耐火性は外壁の仕上げ材やサッシによって高めることが可能ですが、構造体によって実現できるレベルが異なります。

日常生活の中でも大切になってくるのが断熱性能となりますが、現在では高気密高断熱工法が多くなっているため、断熱性能の高い住宅が増えています。断熱性能は寒い時期にだけ効果を発揮するのではなく気温の高い時期にも効果を発揮できますので、基本性能の中でも生活に密着した部分となります。分譲住宅ではコスト重視の物件も多いため、断熱性や気密性に関しては確認が必要になってくると言えます。冬期間では暖房性能に関わりますし夏場では冷房性能に関わる部分ですから、快適な居住空間と共に光熱費の負担を抑えた生活が可能となります。

注文住宅では自由に採用できる工法も、分譲住宅には備わっていない場合もありますので、購入を検討する場合には基本性能に関して確認が必要になります。長く住む中で基本性能の低い物件は不満も多くなりますので、経済性ばかり意識せずに良い物件を選ぶことが大切だと言えます。